Archive for the ‘ブログ’ Category

導入企業様からの感想

2017-01-28

◉導入された企業(ご担当者)様の声

・客観的な立場で、会社こと、従業員の様子を確認してもらうことができる。

・日頃、従業員とコミュニケーションをとっているつもりだが、こちらの言っていることをどれくらい納得しているのか、理解しているのか、わからなく不安がある。

・現状を把握していただき、自社に必要な手立てを具体的に提案してくれるのが、非常にありがたい。

・できれば今後も(客観的な立場で)定期的に会社の状況を見てもらいたいと思います。

 

◉キャリアコンサルティングを受けた従業員様の声

・最初は何を話せばいいのかわからず、不安があったが、とても話しやすいキャリアコンサルタントの方だったので、いつの間にか時間を忘れていろんな話を聴いてもらえて良かった。

・仕事で悩んでいたことがあったが、それは自分だけではないということがわかりホッとした。悩んでいることに関しては具体的にどうしていけばいいかを考えることができた。

・言ってもどうしようもないことと思っていたことがあったが、話をしてみることで案外難しくないことだと思い、できることからやってみようと思いました。

実際の導入事例

2017-01-20

事例(A社様の場合)

◉企業情報:製造業

従業員:9名

◉概要(キャリア形成促進助成金使用)
 ジョブ・カードを使ったキャリアコンサルティング制度導入
 →キャリアコンサルティング制度を就業規則に明記

1)制度導入のためのヒアリング及び実施日程の打ち合わせ

2)キャリアコンサルティング日以前に、従業員様へジョブ・カードの記載依頼

3)制度導入時に全従業員様を対象に、お一人さま1回(1時間)ずつ
ジョブ・カードを使用したキャリアコンサルティングを実施

4)報告:全社的な課題の抽出と改善案の提案

事例(B社様の場合)

◉企業情報:建設業

従業員:20名(うち対象者は5名)

◉概要(キャリア形成促進助成金制度導入コース使用)
 セルフ・キャリアコンサルティング制度導入
 →セルフ・キャリアコンサルティング制度を就業規則に明記

1)制度導入のためのヒアリング及び実施日程の打ち合わせ

2)キャリアコンサルティング日以前に、従業員様へジョブ・カードの記載依頼

3)制度導入時に全従業員様を対象に、お一人さま1回(1時間)ずつ
ジョブ・カードを使用したキャリアコンサルティングを実施

4)報告:全社的な課題の抽出、育成のポイントの提案

事例(C社様の場合)

◉企業情報:専門サービス業

従業員:35名(うち対象者は6名)

◉概要(キャリア形成促進助成金制度導入コース使用)
セルフ・キャリアコンサルティング制度導入
→セルフ・キャリアコンサルティング制度を就業規則に明記

1)制度導入のためのヒアリング及び実施日程の打ち合わせ

2)キャリアコンサルティング日以前に、従業員様へジョブ・カードの記載依頼

3)制度導入時に全従業員様を対象に、お一人さま1回(1時間)ずつ
  ジョブ・カードを使用したキャリアコンサルティングを実施

4)報告:全社的な課題の抽出、育成のポイントの提案

制度導入支援

2017-01-20

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「セルフ・キャリアドック導入支援」
あなたの会社でもキャリアコンサルティングを導入してみませんか?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省が進める
「セルフ・キャリアドック」について
多くの企業に知ってもらうため、
随時
「セルフ・キャリアドック導入支援ガイダンス」行っています。

 

◉「セルフ・キャリアドック」とは
企業の人材育成ビジョンに基づき、
従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援することを目的とした
定期的なキャリアコンサルティングの実施などからなる
統合的な取組のことです。

 

従業員の仕事に対するモチベーションアップや
定着率の向上などによって、
企業の生産性向上に寄与することが期待されます。
制度を導入するにあたっての不安や、

実際の流れなど、具体的にお話させていただきます。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

お問い合わせフォームはこちらから

セルフ・キャリアドック

2016-12-14

セルフ・キャリアドックとは、c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

企業の人材育成ビジョンに基づき、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援することを目的とした、体系的・定期的なキャリアコンサルティングの実施等からなる統合的な取組のことです。

従業員の仕事に対するモチベーションアップや定着率の向上などにより、企業の生産性向上の寄与することが期待されます。

 セルフ・キャリアドック制度公式ページ

 

「キャリアコンサルティングを受けたことにより社員が転職してしまうのでは?」

といった不安や誤解を抱かれることがありますが、定期的なキャリアコンサルティングを行うことにより、従業員と経営者間の風通しを良くし、「組織目標」と「個人目標」の統合が期待できます。また、効果的なタイミングでキャリアコンサルティングを行うことで従業員満足が高まり、生産性や定着率の向上といった効果が見込めます。

セルフ・キャリアドック導入の流れ(例)

セルフ・キャリアドック制度の作成

・セルフ・キャリアドック制度を規定した就業規則または労働協約の作成

・セルフ・キャリアドック実施計画書の作成

②制度導入・適用計画届の提出

・セルフ・キャリアドック制度を盛り込んだ制度導入

・適用計画届の労働局(またはハローワーク)への提出 

③制度の導入

・セルフ・キャリアドック制度を規定した就業規則または労働協約の届出・締結

・就業規則または労働協約、セルフ・キャリアドック実施計画書の労働者への周知

④制度の適用

・CCL登録のキャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングを実施。

・キャリアコンサルティングに基づきジョブ・カードを作成 

⑤担当者様への全体的なフィードバック

・個人が特定されないよう、客観的な視点に立ち人材育成のための全体的なフィードバックを行います。

⑥支給申請書の提出

・支給申請期間は、最低適用人数を満たす者の制度の適用日の翌日から起算して6か月間経過した日から2か月以内

インフォメーション

・場所:貴社会議室等ご指定場所 またはCCL指定のカウンセリング場所

・日時:ご指定いただいた日時

・料金: 1名 2万円/1時間(対象人数により応相談)

 

 

 

キャリアコンサルティング

2016-12-12

・仕事にやりがいを感じない。c06184e1f87defd106a10cb7b83a23bc_s_convert_20160122162745

・意欲的に働けない・・・。

・コミュニケーションで悩む。

・モチベーションが維持できない。

・具体的なビジョンが描けない・・・。

・今後に漠然とした不安を感じる・・・。

 

そのようなお悩みを持つ働く方に、キャリアコンサルティングという選択肢があります。

キャリアコンサルティングとは1対1でじっくりお話をすることで、ご自身も気づいていなかった潜在的なニーズや価値観などを気づくことができ、それらの深い自己理解は自己信頼につながっていきます。

 そして自己信頼は、今後の“働く”ことへの自然な意欲につながります。

 

キャリアコンサルティングでできること

経験の棚卸

これまで歩んで生きた道のりを振り返り経験の棚卸しを行うことで、自身でも気づいていなかった価値観や強みが明らかになり、深い自己理解を得られ、今後のキャリアビジョンが描きやすくなります。

課題の整理

何に課題を抱え、どう対処すればいいのか。私たちが悩むとき、その根源は「悩みの正体」が分からないことにあります。じっくりお話をすることで、課題が整理され、どう向き合っていくのか、どう対処するのか見えてきます。

今後のキャリアビジョンの明確化

スキルアップはしたいけど具体的な方向が分からず行動に移せない、という方は少なくありません。潜在的な価値観やニーズを確認しながら今後のビジョンを描き、次の一歩を目指します。

自己成長の実感

普通に働いているだけではなかなか気づけなかった自分の成長。これまでのキャリアをじっくり振り返ることで視野が広がり、自己成長したことを再認識できるようになります。そして自己成長の再確認は自己信頼へとつながり、働くことの意欲につながっていきます。

 インフォメーション

・場所:貴社会議室等ご指定場所 またはCCL指定のカウンセリング場所

・日時:ご指定いただいた日時 

・料金: 15,000円/1時間

(企業内キャリアコンサルティングの場合は顧問契約のため応相談)